« 紳士的 | トップページ | 休日 »

踏ん張らせてくれる人

レギュラーの感想でもなく。

紅白の感想でもなく。

ワタクシゴトな記事なので、お暇な方や、気になるって特殊な方(失礼)はどうぞ。

あと読んでもなんとも思わないよって方も。

けっこう暗いっす。

本当に、冗談じゃないくらい。

今、とってもへこんでいます。

ベッコベコです。

ワタクシは今の職場に就いてからもう丸3年が経とうとしております。

自分で言うのも難ですが・・・自分が着実に成長してきたとは言い難い過ごし方をしてきてしまいました。

ワタクシの悪いところですな。

真面目にノートを作っていたのだって1年目の数ヶ月間だけだし。

あとは日々グダグダ。

メモしたらそのまんまでそこらへんに散らばってたりするし。

先輩方が丸3年迎えた時は今のワタクシより、もっともっと知識もあっただろうし、技量もあっただろうし、信頼も得ていたんだろうと思います。

でもいざ自分自身がこうして4年目を迎えるにあたって、そういうふうになれたのかと訊かれると、まったく違います。

信頼なんて地の底だろうし、できる仕事なんて限られまくってますし、いまだに毎日何かしら注意されてますし。

一言で言えば努力が足りないのだと。

自分のためではなく会社のため、ひいてはお客様のための努力が。

それだけはハッキリしてます。

学生生活ではテストだって、一夜漬けっていうこともしばしばでしたが、悪い評価にならないためにやってたのでそれなりに点数は取れてました。

勉強が嫌いだったワタクシ。

勉強がしたくなくて就職したはいいけど、結局今も勉強しなくちゃいけない日々。

「なんでこんなことになっちゃったんだろう・・・」

って、何百回思ったことか。

人生のターニングポイント、ワタクシにとってはまずこの就職だったと思います。

楽しくは・・・ないんです。

楽しいって思ったことがない。

無理に思おうとも思わない。

先輩も。

もしかしたら楽しいなんて思ってないのかもしれない。

はやく辞めたいって思ってるのかもしれない。

でもしっかり地に足付けて仕事をしてる。

自信を、責任を持って仕事ができているんだと思います。

じゃあ自分は?ってなったらやっぱり勉強してないんだなって。

人生一生勉強なんてことを聞いたこともありますが、本当に生きている間はず~っとそうなのかもしれないですね。

ただ自分を批判し続けて、悲しみに浸ろうなんて思ってはおりません。

職場では一番下のワタクシ。

そりゃ~いろいろあります。

きっとご経験がおありになる方もいらっしゃるでしょう。

陰口叩かれたり、やってもいないことを自分のせいにされたり、他の人もやっていることについてこと細かに自分だけにいろいろ言ってきたり。

これはワタクシのところだけじゃなくて、世界共通なんじゃないかって勝手に思ってます。

逆に「円満で仲良すぎてしょ~がないよ!フゥ~~ッ!!」って職場もあるかもしれませんね。

切実にうらやましいっす。

「これからビシビシ指導していくけど、それもyouriのことを思って、youriのために、youriが成長していくために・・・」と上司はおっしゃってくださってます。

それがどうしてああも反応を返してくれなかったり、怖い目つきだったり、明らかに他の人としゃべるときとは違う低い声だったり、攻撃的な姿勢で注意されなくてはならないんでしょう?(上司以外の先輩です

ワタクシにとってはそれが”youriのため”であっても、苦痛でしかありません。

わかってます、上司や先輩の本音。

言いたくても言えない気持ち、わかってるんです。

たくさんたくさん溜まってるけど、やっぱり言えないからそういう態度に出てしまうんだろうと思います。

人間関係って本当に難しいですね、今じゃなくてできれば学生時代に体験したかったな・・・。

どうにもこうにも頭痛がしてきてしまいます。

今日も、まぁ、残念なことが、あって、モヤモヤモヤモヤしてきて・・・。

年を重ねるごとに涙もろくなってきてる気がします。

そんな中で、上司の口グセは「大変だろうけど、頑張ろう!」です。

よく帰り際に言われます。

「頑張ろう」か・・・って。

20日に更新されていたオトノハ77。

はじめは「いいこと言うわ~翔くん。やっぱりイイ男♪」って、翔くんの地震のときの行動や考えが綴られていたオトノハを感心したような気持ちで読んでいたんです。

翔くんのように『涙が止まらなくなってしま』ったことは、今回の被害状況の映像を見ていても無かったワタクシ。

ただ、


『”頑張ろう”が苦手な人もいるって聞いたことがあるから。”踏ん張ろう”』


という翔くんの文に、すごく共感しました。

ワタクシもそれは常々思っていたことだったからです。

「頑張ってる人にそれ以上頑張ろうって言ってもどうしようもないじゃない」

って。

ワタクシは、自分が「今自分は頑張ってる!!」だとか思ってはいませんが。

ただ言われたことはちゃんとやろうと、作ってきたノートを見せて「ただ書けばいいと思ったんでしょ?」なんて言葉で一蹴されてしまい、まったく通じなかったのにはショックで・・・せっかく登ってきた階段から転げ落ちていくかのような気分でした。

確かにそのノートは求められたハードルの下の下の位の出来栄えだったかもしれません。

でも「頑張ったのにな・・・」なんて思いが頭をかすめたりします。

上司や先輩の立場の方々がこんな下っ端の思ってることを読んだら憤慨してしまうかもしれません。

「何甘いこと言ってんだ!」って。

「私のときはそんなんじゃなくてもっとひどかったんだぞ!」って。

「そんなの頑張ったなんて言えやしないよ」って。

「頑張ろうって一体何をどうして頑張ろうとすればいいんだろう」「どこまで頑張ればいいのかわからない」そういうふうに頭がボーッとして、体が動かなくなってしまう時があります。

だから、翔くんのあのオトノハには・・・あとから感動したんです。

あの一文が頭の中にず~っと残っていて、ふと思い出して。

嵐さんは優しくて気ぃ遣い屋さん。

言葉の節々から、表情から、行動から、たくさん感じます。

先週の嵐にしやがれの嵐さんと怪物くんからのメッセージと歌だって。

オトノハは本当に翔くんの性格や人となり、嵐さんのエピソードが見てとれるようで大スキなんです。

”頑張ろう”

じゃなくて

”踏ん張ろう”

をチョイスしてくれた翔くんがもっとスキになりました。

本当に尊敬できるイイ男です。

惚れないわけがない。

目が離せない。

涙を流すだけじゃ現状はまったく変わりませんが、少しだけ気持ちは軽くなります。

溜めてばっかりじゃ体に良くないですし。

声をあげて泣いたのはいつが最後だったのかな・・・。

夢でいいから、翔くんに・・・頭を撫でられながら泣きたいと思ってしまいました。

さすがに抱きしめられながらってのは(誰も言ってないけどな!)・・・羞恥によって別の意味で泣いてしまいそうだから!!(爆

何を訊くでもなく、何を言うでもなく、ただただ穏やかで綺麗なあの瞳を向けながら微笑んでいてほしい。

ほんでもって鼻水が出たら袖で拭ってほしい(相葉ちゃん!アタイもやってほしいよ・・・!!

翔くんにパンパンに腫れ倒した目を見せるのは恥ずかしくて仕方ないですが、このまま何もしないで嵐さんのコンサートに行って今と変わらない自分を見せるよりはマシ。

翔くんが優しくかけてくれたエールにワタクシなりに応えて、踏ん張っていこうと、そう思います。

どう踏ん張るかはこれから考えますけどね。

地震で被災された方々、そのご家族、ご友人、関わっているすべての方々。

頑張らなくていい、踏ん張ってEverybody前進!!

翔くん、素敵なオトノハをどうもありがとう~~っ!!

ずっとついていきます!!


お目汚しすみません。

暗いお話はここでお開き!

明日からは通常通りの「やっさいもっさいの嵐!」でお送りします。

明日更新するかどうかは別として(笑


|

« 紳士的 | トップページ | 休日 »

櫻井翔くん」カテゴリの記事

youri日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紳士的 | トップページ | 休日 »