« 全身全霊の姿 | トップページ | ホッ・・・ »

謎!!

母と兄が旅行に行っておりまして、昨日お土産を床の間に広げよう会が行われました。

お土産とキャリーバッグの中身で床がとてつもなく汚くなりました。

さすがに約一週間も滞在していると、買い物病になっちゃうんですかね。

めったに行けない外国ですし「もったいないっ!」つって。

そこで運命のお菓子と出会ってしまいやした・・・!!

見た目はシンプルなただのチョコビスケット。

チョコをビスケットで挟んでいるだけのお菓子なんですが、これが感動的においし~~い!!

パッケージすべてが英語だから読めないのが悲しい!!(笑

絶対日本のどこかに売ってると信じて探してみようと思います。

兄によると街を歩いていたら、路上であるカードを配っている外人さんがいらっしゃったそうで。

同僚や友人へのお土産にと兄が持って帰ってきたんです。

えぇ、ストリップ嬢カードを(爆笑

手に取らなくても勝手にバッグに突っ込まれるそうです(大爆笑

妹1が何を思ったか3枚もらってました(ちーん

うちの家族はどうしてこうも頭がおかしいんだ!!

どうも!youriです。

SP革命篇2回目観に行っちゃいました。

仕事が休みだったもんで、1回目と同じく興奮冷めやらぬ妹2と二人で。

1回目ではわからなかったことが色々と繋がった感じがしました。

以下ネタバレですのでお気をつけておくんなまし!!


※ツボポイントなど、思いつくままに書きなぐります。
2回しか観ていないため、ニュアンスで受け止めていただくようお願いいたします。
もろもろ間違えていたらすみません。

・はじめから戦闘モード

朝、警護課第四係に出勤してきた薫くん。

もんのっすごい殺気が血走っててもんのっすごい眉間に皺が寄りまくりな薫くん。

しょっぱなからカッコイイ・・・。

木内さんはじめとする第四係新人SPにガン飛ばしまくり。

・かつての二人はどこに?

尾形さんが出勤しても挨拶をしない薫くんにオヨヨ・・・。

それすらもできないほど疑っているのね・・・。

尾形さんは薫くんたちが移動した後、薫くんの机に”井上薫様”と書かれた封筒を入れておりました・・・。

・嫌なマルタイ

薫くんが国会議事堂まで警護したのは土本議員(だったかな?

顔の割に声が女性そのものなのでびっくらこきました(失礼

だってはじめ男性かと思って(失礼

人に説教するのが癖のようで、薫くんにも容赦なくお説教かましておりましたが、薫くんは頭痛や目眩が続いている様子で議員の話は右から左へだったようですな。

・睨み合い

尾形さんから県庁からだという指示(嘘)を受け、薫くんのチームだけ別行動することに。

その時に薫くんチームと木内さんチームがものっすごい睨み合う(正しくは薫くんがですが・・・)んですが、これまたカッコイイ!!

笹本さんと山本さんの掛け合いも健在で面白かったです。

・時間厳守

薫くんたちが別の部屋にいるときに、国会議事堂ではテロリストの計画通りに着々と革命の準備がされておりました。

国会議事堂の内部がよくわからないので、映画で滝川さんが説明のようなものをしながら、安斉さんが図を描いたりしてくれていたんですが、1回目はどうもよくわからなくて。

でも2回目でなんとか分かりました(笑

地雷だなんて可哀そうに・・・。

議事堂観覧で来ていた母と娘の親子にびっくらこきました。

あの子役はもしや海ちゃん!?

夏虹でキュ~トな竹内さんの一人娘を演じていた海ちゃんじゃございませんこと!?

まぁ~今回もカワゆい!!

緊迫感の中、ちょっと癒されてました。

そしてPM2:00きっかりに尾形さんらテロリスト集団がとうとう本会議場に突入!

はじめは議員のみなさんがまったく気づいていないことにびっくらこきましたわ~。

危機感なさすぎ!!

ひとり部屋から出た薫くんが異変に気づいてテレビをつけると本会議場での中継がドドン!

導火線に火が点いた~~!!(公安の田中さんスキです

・戦闘開始

革命がはじまり、木内さんチームが薫くんチームを拘束しようとテロリスト集団とは別に行動開始。

薫くんは尾形さんを止めに行こうとアドレナリン大放出なのに対し、石田さんは尾形さんは裏切ったと薫くんを止めようとしていて、見ているこっちがハラハラ。

そしたら木内チームが拳銃を薫くんチームに向けながら部屋に入ってきた~~!!

アタイもアドレナリン大放出~~!!

キタキタキタキタ戦闘シーン!!

むぎゃ~~~っ!!

まずは手を挙げる薫くんチーム。

木内さんに目の前まで銃口を向けられたまま睨み合う薫くん。

※セリフはニュアンスでよろしくどうぞ

木内「前からお前のこと気に入らなかったんだよ」

井上「奇遇だな。俺もだよ」

ひぇ~~っ薫く~~んっ!(惚れる

木内「・・・・・・・・もういっぺん」

と木内さんが言い切らないうちに薫くんから仕掛けた~~!!

そこから4対5の戦闘シーンが勃発。

薫くんは2人同時に相手をしておりました・・・。

あんな机や棚や書類、イスなどがある狭い部屋でものすごいカメラワークでした。

ドッキドキ!

体を棚に押しつけられてガラスがガシャーン!て!!

お、お、岡田く~~ん!!

間違った!!

薫く~~ん!!

木内さんチームはガッツリ拳銃を使う気満々、つまり殺す気満々だったわけですが、薫くんチームは完全に武術だけで対抗。

素敵すぎる・・・。

相手の力を利用したりだとか、時には周りにある道具を使ったりなんかして。

やっぱり戦闘シーンは興奮します。

中でも面白かったのは、笹本さんが女性SPと戦っている時に、テーブルに拳銃ごと押し倒すのですが、向かい側からすぐとなりに山本さんが相手に押し倒されてきまして。

丁度銃口が山本さんに向く格好に(笑

山本さんが「ひぃ~~っ!」って顔してて、笹本さんも「あっマズイ・・・」みたいな顔してたのが本当に面白かった~!!

戦闘中なのにそういうフッと気が休まるような瞬間もありました。

そして最後は薫くんが木内さんをドッと蹴ってソファーに座らせる格好にして、すぐに奪った銃を木内に向けるんです。

またその表情がひたすらにカッケェ~~!!

どんだけ睨んでるんだよ!!っていうくらいに薫くんは木内さんを睨みつくしておりましてビビリましたね。

鬼のような顔でした。

もう殺してやる!!って感じるくらいに。

木内さんもそれ以上は動けず、顔を殴られて気絶。

そこで第一の戦闘シーンは終了しました。

薫くんチームの勝利でございやす♪

ここで5人を拘束しようとしたのですが、ドラマからのお決まりと言うかなんというか・・・。

薫くんはまた手錠を忘れておりました♪

笑っちゃいましたね~こればっかりは。

笹本さんから「ツッコむのも飽きたよ」と言われちゃってましたわ~。

薫くんしっかり!!

でもそんな薫くんがスキ!!

そして石田さんが「井上!お前のマルタイは今どこにいる?」と。

わ~い!!

やっと薫くんチームがひとつになった~~!!

・ヒラリ

そしてそのあとは、各階の通路にいるテロリストをやっつけることに。

CMでもありましたが、カーテンを使って外壁を伝って下りるシーン。

窓に近寄る時の薫くんのヒラリとした身のこなしが抜群にカッコよくってデヘ~♪

たった一瞬のできごとなんですが、ワタクシだったら「ヨイショ」なんつって登りそうなところを、いとも簡単に音もしないような軽やかさで登るもんだからすごいな~と思っちゃいまして。

そして笹本さんが「気をつけて」と薫くんに一言、「いや、落ちても死なないだろうけど」と少女マンガにでも出てきそうに自分の言ったことをごまかしちゃう笹本さんがキュ~ト♪

そんな笹本さんを見てちょっと笑みを浮かべる薫くんにキュ~ン!!

・長くてどうもありがとう

地下を調べに向かった薫くん。

突如横からテロリストに攻撃されてしまいまして、ここで第二の戦闘シーン開始!!

薫くんより身長が高い方、というか革命前日で田中さんを缶詰で殴っていた方だと思われます。

もう殺し屋のような勢いで薫くんを殴る蹴る締めあげる・・・。

一回ロッカーのようなものに薫くんがもたれかかっている時に相手が思いっきり蹴りをかましてきたんですが、間一髪で避けた薫くん。

ロッカーはベッコリへこんでおりましたよ・・・(怖

他にも何度も壁や物に叩きつけられる薫くん、一回「痛っ!」って本当に痛そうな声(リアルに痛いのかも)が上がってきたのには恐怖を感じましたね~。

でも薫くんだってやられっぱなしじゃ~ございません。

小柄さを利用して、壁を蹴ってグルンと一回転し、その勢いで相手を一本背負いですよ!!

むぎゃ~~~っ!!

どうにでもしてくれ~~~っ!!(発狂

そして相手が薫くんを地雷トラップの傍まで引きつけ、薫くんをトラップのワイヤーまで追いつめたんです。

あと2センチくらいでワイヤーに足首が触れてしまいそうなところまで。

まるで相撲の土俵際・・・(表現注意ですな

トラップに気づいた薫くん。

体格に差がありまくりなのに、ギリッギリで耐えて、サッとその場で間接技をかます薫くんにデッヘ~~!!

なおも逃れようと薫くんの顔を殴る相手の往生際が悪いったらないですよ。

そんな行儀の悪い右腕も左足で押さえつけ、右足と左手で相手の首を締め上げる薫くん。

けっこう長い間締めまくっていたんですが、とうとう相手は気絶。

もう薫くんの力を込めた表情に緊張しちゃって、戦闘中は息が止まりそうでした。

本当に長い怒涛の戦闘シーンでした。

戦う男ってやっぱり違いますね~♪

男前度がグイングイン上がっちゃいまっせ!

・尾形さんの目的

国会議事堂では、テロリストによって本会議場が占拠され、政治家の様々な罪が暴かれておりました。

野望編で薫くんチームがせっかく守り通した田辺内閣官房長官を筆頭に・・・。

つまりは、テレビ中継で日本全国に政治家たちの汚い部分が発表され続けていたわけです。

そして最後は尾形さん自らが内閣総理大臣を指名。

革命前日で見ましたが、尾形さんは身分を詐称しているようですよね。

本当の尾形さんはどこに!?って感じではありますが、このシーンでは、この堤さん演じる尾形さんが何者なのか判明しました。

革命前日にて、自宅で首を切って殺されていた方は成瀬さんと言う方だったようで。

つまりは尾形さんは成瀬さんのお子さん!!

総理が自分の罪を全て成瀬さんに被せるため、自殺に見せかけて殺したんだと。

そしてあの狂言テロ事件は、成瀬さんのことで総理が自分に捜査やマスコミの目がいかないように目くらましさせるために行われたものだと。

尾形「成瀬とその家族に詫びろ!!」

総理に父を殺した罪を認めさせ、謝罪をさせること、それが尾形さんの真の目的。

そしてそのあとに求めていたものは・・・(全ては自分の解釈ですが、これはあとで

その成瀬さんの話の中で、驚愕の事実が浮上。

伊達さんと尾形さんが兄弟でした・・・。

CMで香川さん(伊達さん役)が流していた涙の理由はこれだったのね~と納得。

じゃ伊達さんも成瀬さん!?

なんだかすごいことになってる・・・。

・裏切り

尾形さんの知らないところで伊達さんや他テロリストらによる別の革命が計画されておりました。

伊達さんが立ちあがり、テロリストたちにこの行動をやめるよう強い口調で語りかけるのです。

えぇ、まるで一国のリーダーのように。

自分がリーダーとなって、日本を支配するための狂言だったようですな。

わけがわからず「何を言っているんだ・・・」と尾形さん。

気づけばテロリスト達の銃口が議員達からすべて尾形さんに向られてしまっておりました。

もともとこの革命について参加した目的は、尾形さんとは違うということではじめから裏切るつもりだったテロリスト達。

それをワンセグで本会議場のドアの前で待機していた薫くんチームは見ておりました。

しかし尾形さんはひるまずに「大義のために死ねればそれでいい」と言い、兄であるはずの伊達さんに銃口を向けると・・・。

・4人の力

薫くんチームが本会議場に突入!!

またその戦闘シーンで流れるBGMが壮大な感じでございました。

詳しくはサウンドトラックか、劇場でお聴きください。

スーパースローモーションで描かれる銃撃戦。

声や音をそのままに普通に流したんじゃこんなふうにはなっていなかったはず。

突然の銃撃戦に、それまでずっと座っていた議員らが一斉に立ちあがって逃げまどっていたのです。

それすらもスロー。

笹本さんや薫くんが議員の机に足を乗っけてテロリストを百発百中、無駄のない動きで次々と倒していく様は見ていて気持ちが良かったですわ~。
そして全員倒し、尾形さんは伊達さんへ、薫くんは尾形さんへ銃を向けておりました。

まるでトライアングルの形・・・!

しかし尾形さんは伊達さんを撃てず。

それでもすぐにひとり逃げようとする総理を追いかける尾形さん、そんな尾形さんを追いかける薫くん・・・。

薫くんカッコイイ~~~!!!

何がカッコイイって、その立っている机からそのまま一番下の机までスタタタッと軽やかに駆け下りる姿がですよ!!

ものっすごい綺麗で2度目も見惚れました・・・♪

・対峙

罪を認めない総理を殺す一歩手前な尾形さんを「尾形さん!!!」と駆け寄りながら来た薫くん。

いきなり発砲した尾形さん。

そこから二人の戦いが始まったのです・・・。

戦闘中に容赦なく発砲する尾形さん。

しかも完全に当たるような至近距離からですよ・・・。

薫くんも壁に追い詰められながら、目の前に向けられた銃口から間一髪首を横に振って逃れます。

ものすごく必死!!って感じでした。

間合いを取った後、尾形さんが近づいてきて薫くんの手を持ち、自分の眉間に銃口を突き付けるシーン。

薫くんの息遣いが苦しくってたまりませんでした・・・。

すごく辛そうでしたし、切なかったですし、何よりやっぱり撃とうとしても撃てないわけで・・・。

結局、尾形さんにそのまま手を振り落とされ、首を殴られて薫くんは気絶。

むぎゃ~~~~っ!!!

やっさいもっさ~~~い!!!

とうとう薫くんが倒れた~~~っ!!

やっぱりヒーローにはそういうシーンもなくちゃね!!

倒れるその姿ですら別嬪さーん!!

フーーンッ!!!

と、ひとり鼻息が荒くなりそうでしたが、なんとか耐えました。

心の中じゃ何度も爆発が巻き起こってるんですけどね~。

大人ですもの。

・止める

屋上まで総理引っ張り、やっと謝罪させた尾形さん。

向けていた銃を下ろすと目を覚ました薫くんが屋上にひとり到着。

出入り口から尾形さんに向かうまでの走る姿がこれまた超絶にカッコよくてですね~死にそうでした。

井上「銃を捨ててください」

尾形「・・・・・・・」

井上「銃を捨ててください!!!」

この叫び方がこれまた爆裂にカッコよく(以下略

SATが来て、「俺を止めろ!」と自分の目的は達成されたため、薫くんに訴える尾形さん。

しかし、銃を向けたまま、でも少し困惑したかのような表情に変わり、尾形さんを撃てない薫くん。

そんな薫くんに「お前には期待外れだよ」と言った後、自分の持つ銃をこめかみに向けた尾形さん・・・・・。

ひときわ大きい銃声が鳴った瞬間は体がビクッ!とリアルに跳ねましたよ~・・・(驚

ダランと尾形さんの右手から拳銃が落ちる画が・・・。

でも弾が貫いたのは尾形さんの頭ではなく、右腕。

薫くんすごいすごい!!

あの一瞬ですごいすごい!!

そして倒れこむ尾形さん。

薫くんに「お前意外に逮捕されたくない」という尾形さんに、「無理っすよ、手錠持ってないんで」と答える薫くん。

その時の薫くんの表情は久々に尾形さんに向ける笑顔でございました。

・一番の衝撃

そして六ヶ月後。

すっかり頭痛も目眩もなくなって仕事の調子がよくなった薫くん。

活き活きとしておりました♪

靴ひもを締めなおし、内胸ポケットから出したものは、六か月前に尾形さんが薫くん宛てに書いた手紙。

その封筒を眺めてポケットに入れなおして立ち上がり、歩こうとすると・・・またシンクロモードに!!

なんじゃ~~~いっ!!

もう終わりそうなのに何が起こるんじゃ~~いっ!!

まさか~~っ!!?

と思っていたらそのまさかです。

・・・エンドロール。

うそ~~ん!!

革命篇最大の謎がここに!!

確かにテロリストや裏の組織がすべて捕まえられるわけがないでしょうし、捕まえたらハッピーエンド(!?)にもなりますが、やっぱりそういうのは映像化しないあたり憎い演出だな~と思いましたね。

本当にこれで最後なんでしょうか?

まだまだ続きそうな気がしてしょうがないのはワタクシだけなんでしょうか?

手紙の内容も気になるし、

雄翔会のことも気になるし、

安斉さんが殺された理由も気になるし、

リバプールクリーニングのみなさんの存在や仲の良さも気になるし、

警察に潜んでいるであろう影の存在も気になる~~っ!!

すべて田中さんのせいだぁ~~っっ!!

スピンオフで全て暴いてくださいよ~~っ!!

わ~~~~んっっ!!!(涙

『way of life』久しぶり~~っ!!

と、まぁザッとこんな感じで楽しめました。

やっぱり戦闘シーンは最高にワクワクしますし見惚れちゃいますよ!!

岡田師範の考えるアクションは本格的で飽きないです。

何度でも見返したいですわ~。

DVDのメイキングが今から楽しみでしょうがないですな。

特に撮影中というよりは、稽古場でまさに練習してる姿をガッツリ拝みたいものです。

堤さんの本会議場でのベラベラっぷりには本当にびっくりです。

本人もテレビでおっしゃってましたが、「ベラベラようしゃべりましたね~」みたいな。

普段の堤さんじゃ考えられないような声のトーンで淡々と話すあのシーンが現実に起こったら相当怖いな・・・と思いましたもん。

なんだか感想と言うよりはレポのようになってしまいました~。

本日9:50の回を見たんですが、やっぱり1000円の日だったってこともあってか、朝早いのにたくさんの方々が観に来られてました。

そしたらその中でワタクシ、席を一段間違っちゃって(笑えない

映画の予告が流れている最中に妹2に指摘されて、サササッと「すいませんすいません」って一段前の席に移動しました。

まったく迷惑なヤツですいまそん、プサン(木更津キャッツアイ日本シリーズのユッケより

まずそれで映画観る前に心臓がドッキドキしてましたからね!!

結局その間違った席には誰も座る事はなかったのですが、本当にドキドキしましたわ~・・・。

他にもワタクシうっかり事件を起こしまくっているのですが、ありすぎてもうわかりまへん。

なんか・・・年をとるごとにひどくなってる気がするんですよね・・・。

場内の方々、その説はすみませんでした。

GANTZ2の予告もバッチリ2回とも見れちゃって♪

く、く、く、くろのく~~ん!!(悦

とか思ってる間にサ~ッと終わっちゃうんですよね~。

早く観てぇ観てぇちょ~観てぇ♪(木更津キャッツアイのモー子より

血だらけの顔がまたどえらいカッコイイんですよね・・・。

どうしてあんなに色気があるんでしょう、二宮和也くん。

あぁ、多恵ちゃんになりたい・・・な・・・。

最後に。

11日に起こった地震のことで、まだまだいつもの日常に戻ることのできない方々がたくさんたくさんいらっしゃることは重々承知でございます。

ですがこのように、いつもの調子でまたブログを書かさせていただいております。

と言うのもやっぱり、普通の日常を送る事が出来る自分がテレビを見て、動けなかったり、悲しみ続けるのは違うんじゃないかと思ったんですよね。

今被災地の方々のために自分にできること、たとえば節電はこまめにしております。

ワタクシやひとりひとりができることは本当に微々たるものです。

だからこそ、現地の方々が自分自身の力で今の窮地に立ち向かっていってほしいのです。

たくさんのブロガーさんが書かれておりますが、本当に、

『明けない夜はないよ』

と、嵐さんの曲が、歌詞が、元気をくれます。

ワタクシも悲しいこと辛いことがあれば、嵐さんの曲を聴いて歌って、涙を枯らすことで元気になってます。

電気やプレーヤーがないのなら、アカペラでも、頭に思い浮かべるだけでも十分だと思います。

さっき『Happiness』を聴いていて涙が出そうになりました。

こんなにも今の状況に響くような歌詞だとは気づきませんでしたから・・・。

希望や生きる力の灯が消えそうになっているのなら、嵐さんの歌でどうか諦めないで取り戻してください。

きっと大丈夫です。

嵐さんと同じ空の下にいるみなさんは、きっと大丈夫です。

|

« 全身全霊の姿 | トップページ | ホッ・・・ »

映画」カテゴリの記事

岡田准一くん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全身全霊の姿 | トップページ | ホッ・・・ »