« 以心伝心 | トップページ | 116と117ページの小動物 »

夢の中のエロ宿題くん

昨日疑問だった宿題くんでの翔くんの鎖骨あたりのケガなんですが、26時間TVのときはすっかり無くなっていたので、ヨカタ♪という結論に至りました。

だって宿題くんって生放送じゃないんですもんねぇ。

26時間の方が後だったに違いない。

どうも!youriです。

今日は決して今週の宿題くんの感想じゃございません。

前回あんだけなが~~~いの書いちゃいましたからね(笑

今回のは、ワタクシの夢の中で放送された宿題くんの感想です。

朝起きてめちゃくちゃドギマギいたしました。

だってだって!嵐さんたちがあんなことこんなこと♪

ひぃ~~~~~~~!!

むきゃ~~~~~~!!

の連続に次ぐ連続でした。

ワタクシみたいな変態が見た夢なので、少しでもピンクな嵐さんなんて知りたくないよって方はリターンプリーズ。

わきゃわきゃしてる楽しそうな純粋な嵐さんが大好きなんだっていう方もリターンプリーズ。

きっとこれ見たらひいてしまう方もいるかもしれませんが、ワタクシ、自分の記憶力にはとにかく期待できない(特に夢なんてすぐ記憶の彼方)ため、ここに記してあの感動と萌を残しておきたいと思ったので書いちゃいますよ~~!!!

おりゃ~!














その宿題くんはいつもどおり普通に始まったはずなんです。

あの色とりどりのカラフルなスタジオで嵐さんが5人。でもオグさんがいないんですよ。

ワタクシはそれを見ていてなんら気にせずTVにかじりつくように見ておりました。

誰がゲストで出てくる様子もなく、嵐さんは立ったまましゃべっています。

でも内容はサッパリ聞こえてこず、むしろワタクシが忘れているだけかも知れませんが・・・。

そしてなぜかいきなり場面展開!!

いつものスタジオは消え、番協のみなさんもいなくなり、そこは雑誌撮影をするかのような真っ白いスタジオ。

そこで流れる小林さんの素敵ナレーション。

『今まで見たことない嵐が見れる!?なにやってんだぁおまえら!』

そうですよ、なにやってんだぁおまえら!?なことやってるんですよあの子たち・・・。

まず嵐さんたち衣裳がガラリと変わりまして。

まるでひみつの嵐ちゃんの初期の頃のようなスーツを身に纏っているんです。

そらもうステキ過ぎる装いで!

ワタクシの怪しすぎる記憶によると、左から松づん、相葉ちゃん、翔くん、ニノ、大野くんといった並び方で白いスタジオの真ん中に立っております。

はじめは普通に楽しそうにしゃべっており、ワタクシも楽しく見ておりました。

でもこの感じ、まず宿題くんではありませんよね(笑

オグさんがいないことですでにオカシイんですが、夢なのでそんなこと気にしな~い♪

そしてなにやらニノがみんなから羽交い絞めにあいます。

きっとなにか放送コードに引っ掛かるようなことでも言ったか、やらかしたかでしょう。

みんなに押し倒されるニノ。

ニノの左足に松づん。右足に相葉ちゃん。右腕に翔くん、左腕に大野くんといった感じでしょうか。でもわりかしみんな狭そうにギュムっとしていて、楽しそうでした。

4名様は「このやろ~♪」とか言ってケタケタ笑いながらニノも笑っています。

すると何か怪しい空気が漂います・・・。

嵐さんがいきなりしゃべらなくなるんです!

そしてなぜかニノと翔くんが見つめ合います・・・。

すいません、ここでちょっと叫ばせてください。

むぎゃぁ~~~~~~~~!!!!!!もう死にそうです!!鼻血が噴き出る!!セットしたばっかりの頭をかきむしりたい衝動に駆られてどうにかなりそうです!!

話を戻しましょうか・・・。

そこでなぜかニノと翔くん、ゆっくり顔が近づきます。

初めて見ました、大宮SK以外でのファイナルラブ・・・・・・・。

もうまるでまわりには誰もいないかのような様子で普通にですよ!?

ニノが首を傾げてカメラにピンポイントで見えやすくするような感じです。世界まる見え状態であざーーーす!!

しかもその離れ方が超大人!!

大宮SKも真っ青な勢いで映画のようでした。

くっついたあと、ニノがちょっと翔くんの唇を吸うようにしてから離れるんです。

もう、何これ・・・すんごいやべぇべ。

放送コードがやべぇべだし、ファン的にもやべぇべですよ。

これ現実だったら(前からそう思ってはいますが)本当にワタクシ一生嵐さんについていく所存です。

いっそニノ翔についていく感じでもありますね!!

このコンビがとにかくスキです!!もう果てしなくスキ!!

もう嵐さんがスキなのか、ニノ翔がスキなのか!?ってな勢いです。

そして見つめ合いながらゆっくり離れていくんです。

もちろん他3名様はガン見です。無言でガン見です。

でも大野くんだけは何かムズムズしていたようで・・・。

翔くんから離れたニノの左頬にチュッってします。

なんてカワゆいほっぺチューなんでしょ♪

大野くんの瞳がすんごく優しげなんですけど、どこか嫉妬してる感じもありつつ、拗ねてる子供のような感じも漂わせてるんです。

そしてそんな大野くんを見てニノが一言。

「・・・おせーんだよ。なんでもっと早くしないんだよ。」

・・・・・・・って。

ギャラクシー賞受賞のときの「・・・それは嵐ですよ」に似た口調で言うんです。

ニノはやっぱり大野くんが一番だったんだと。

翔くんに浮気してるそぶりを見せて本命の大野くんを試していたんだと、まぁそういうことでしょうか!?

大野くんは何も言わず・・・ってところで目が覚めてしまいました。残念!もっと先が見てぇ見てぇ超見てぇ!!!!

ワタクシ起きたとき放心状態でした。一体どうしてあんなヨダレが出そうな夢を見てしまったんだと!

どうしてこんな中途半端に起きてしまったんだと!

後悔しても、し足りません・・・。

あぁ~~~~~!!!続きが見たい!と思ってもやっぱり出てきてはくれませんでしたねぇ。

ワタクシみたいな変態じゃ夢は操作できないですよ、数年前の松づんのようには。

今もニノ翔のファイナルラブが鮮明に思い出せまする・・・はぁ、どんなキスシーンよりリアルでございました。

そしてふと思いました。

また見れないんだったら自分で考えればいいじゃないかと、結局MO-SOです。

まず大宮の続きですよねぇ~~♪

もうニノと大野くんがダンゴ虫状態でゴ~ロゴロ♪そらもう楽しそうに二人して「ンフフフ♪」ってずっと言ってます。

たまに”チュッ”て音が・・・。

それをポカーンと見ている翔くん。

ニノにいきなりされてから自分が放置されてる事実に身動きができません。

するとそんな翔くんをとなりで見ていた相葉ちゃん。

もちろんやることはひと~つ!!

いけいけあいばってぃ♪

「もう我慢できないっ!」と相葉ちゃん。

その長い左腕を翔くんの首に回してぐいっと引き寄せる!!

そしてその腕の中の綺麗なおでこにチュッとな♪

翔くんはそれにより目が覚めて相葉ちゃんをひっぺがそうと奮闘しますが、相葉ちゃんも必死です。

ワタクシは『にのあい』より『アイサク』です。

相葉ちゃんは断然こっちの方がスキです!

そして二人でギャーギャーと大宮とはエラい違うテンションでいちゃこらしております。

そしてたった一人取り残された感のある末っ子松づん。

当然4名様を見ていて切ないです。

なんだか仲間はずれにされた感じがして悲しくなってきちゃいます。

そして選んだのはもちろん大野智!!

ニノとずっとゴ~ロゴロしてる大野くんの背中にベタッとくっつきます。

「ン゛~ン゛~~~~!!」

ってうなる松づん!!まるでお母さんに甘える子供の如く大野くんにくっつきます。

カワゆすぎるだろう松本潤・・・。変な汗出るわっ!

まぁ、それをワタクシ一般視聴者がブラウン管越しにガン見してるっていう・・・そんな状況。

絶対に、万が一、億が一でもありえないラブシチュエーション。

でも夢ですし、MO-SOですし、するだけタダですよね♪

ワタクシ思うんですけど、このMO-SO松づんだけは絶対にありえない行動だなぁって思いました。

他4名様はありえそうでニヤける~~~♪

ヨダレ拭くティッシュが足りなぁ~~い♪

この夢の中のエロ宿題くんがどう終わるかなんて想像もつきませんが、ワタクシのMO-SOはまたどんどん浮かんで来てしまうので終わりはありゃしまへんのでご了承ください。

ここまで読んでしまい、気分を悪くしてしまった方、大変申し訳ございませんでした。

ここまで読んでしまい、こういうシチュエーションに「むきゃぁ~~~~!!」となった方、ようこそ。

ワタクシは別に常にこういうこと考えてるワケではございませんが、やっぱり男の子がこういうことしてるのって微笑ましくなってしまうんですよ。

幼稚園の女の子と男の子がンフフ♪な感じと同じなくらいなんですよ。

なんてカワゆいのやら!としか思えないんです。

去年の福岡ドームでの大宮SKファイナルラブを生で見れた方は本当にラッキーだなと思います。

ワタクシも生で見たかったぁ・・・。

今年もどうか現われてくれやしまへんでしょか!?

DVDになった大宮をぜひ愛でたい・・・!!

Jストさん、どうかメイキングだけでもいいので大宮SKをDVDに登場させてください~~!!

お目汚し失礼しました。

|

« 以心伝心 | トップページ | 116と117ページの小動物 »

嵐の宿題くん」カテゴリの記事

youri日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 以心伝心 | トップページ | 116と117ページの小動物 »